物性の研究は自然界に存在する物質を理解することから始まり、現在では自然界に存在しない物質を合成し、その物性研究が盛んに行われています。一方、物質の状態をきめている重要な外部パラメータは「温度」・「圧力」・「磁場」であり、これらを人為的に制御し、自然界に存在しない環境を創成し、その環境に置かれた物質の挙動に全く予想しない新奇な現象の発現が期待できます。
 我々の研究室では「超高圧・極低温・強磁場」を組み合わせた多重極限環境を創り出し、強相関物質を対象に研究を行っています。低温・多重極限棟の B-101室が、主な実験室です。
 

 

 
  • 研究室メンバーを更新(16/12/5)  
  • 研究室メンバーを更新(16/4/9)  
  • 研究室メンバーを更新(15/5/25)  
  • 研究室メンバーを更新(13/04/9)
  • アクセスを更新(13/1/21)
  • リンクを更新(13/1/21)  
    Home   最終更新日:2016.12.05
   
       
     
       
     
     
     
     
     
     
       
     

     
       
〒277-8581 千葉県柏市柏の葉5-1-5 東京大学 物性研究所 上床研究室